Takashi(Chol)によるブログ

これからを生きるために生きるプロデュースを考えるブログ

8/19 秩父秘境フェスライブレポート【長愚痴を吐いた猫】

ライブレポート

2018年

埼玉県秩父市小鹿町のみどり村にて
秩父秘境フェスというイベントが開催された。
日本のフェスと言えば「サマソニ」や「フジロック」といったイベントが最も有名であろう。

近年ではライブハウスがサーキット形式でフェスイベントを行う機会も増えてきた。

そんな中
みどり村という埼玉県の隠れたスポットで野外フェスが2018年決行されることとなった。
このフェスは埼玉新聞でも取り上げられ、個性豊かなアーティストが出演するイベントとして注目を集めた。
弾き語りからユニットや個性豊かなアーティストが出演。
この日、メタルバンドは2組。
それが
長愚痴を吐いた猫とRASTAINというバンド。

今回は長愚痴を吐いた猫のライブレポート。


まずバンドの紹介をしよう。

長愚痴を吐いた猫
女性2人男性1人という非常に稀な編成。
活動を本格的に始めたのは2018年からで、いきなり野外フェスに出演を決めたバンド。


バンドコンセプトは
「自分らしい純粋さ」「根暗な人が生きやすい世の中を作る」という斬新なもの。


そう、ネガティブな面を前面に出している変わったメタルバンドである。
個々が音楽ルーツを別に持ち、それぞれが独特なプレースタイルを持っているため一見するとポップにも聴こえる不思議なバンド。

 

 

f:id:takashikotonoha:20180826101151j:image
8/19
フェスの後半戦にステージに現れた長愚痴を吐いた猫。
出音の調整を行い、ステージに勢揃い。


ドラムのTakashi Cの一打からライブ会場にどこか不穏なSEが流れ始める。

SEの音が増えるにつれて、メンバーであるMao そして、今回ギターを弾く nishikageが現れる。
ボーカル:Misakoが現れ
開始宣言を告げる。

始まった曲は
You should be suspicious.
一曲目から、みどりの村にメタルサウンドを響かせる。
ボーカル、Misakoの尖った歌詞も健在。

MCでは
「今回、縁があって秩父でライブすることがこうしてできてます。
私は小さい頃から明るく振る舞うことができなくて、そのまま大人になりました。
確かになんにもできないかもしれないと思ってたけど、こうしてバンドをやることができています。」

「何かをやることって難しいことじゃない、
私は根の暗い人が生きやすい世界を作る。
そのために音楽で受け取ってほしい。
よろしくお願いします。」

と、締め
2曲目「not in my rule」
3曲目「strange fate
を立て続けに演奏。

 

f:id:takashikotonoha:20180826101518j:image


終幕のSEが流れ
最後に
その日メンバーが手渡しで配っていたCDに収録されている
「Only my opinion」
秩父の地に響かせてステージを後にした。


セットリスト

1.You should be suspicious
2.not in my rule
3.strange fate
4.Only my opinion

 

 

f:id:takashikotonoha:20180826101015j:image