Takashi(Chol)によるブログ

これからを生きるために生きるプロデュースを考えるブログ

面接対策としてゲーム実況の勧め

こんにちは


今年の夏は暑すぎますね、タカシです。

 

突然なのですが、最近
ゲーム実況というものを始めました。


なんか、これを使って億万長者になるとかではなく単純にやってみたかっただけ。


最近、動画の編集にも興味があるので全部自分で導入して始めることにしました。


第1作目はこれです。


https://youtu.be/pIjD8wGy1jw


みんな大好き(情報によるとニンテンドースイッチを所持している人の2人に1人は持っているらしい)
そうです、スプラトゥーン2の実況をやってみました。

アクションゲームで初回なのでアワアワしてます。
なんかずっと喋っちゃう、ノリで。
あと、意外と好プレー出る場面とか喋りもテンション上がっちゃう。
普通に嬉しい。
そして、投稿した後に見てもらえてると単純に嬉しい。
本当に感謝。
ありがとうございます。


さて、前置き長かったけどここまで。

 

本題にいきましょう。
なぜ、ゲーム実況が面接の役に立つのか


それは

 

自分の事を正確に説明する訓練になるため。
本当に、これ。

例えば今回取り上げたスプラトゥーン2の実況の最大の特徴は


アクションシューティングゲームなので場面がその都度変わり続ける


試合状況が常に変わります。

余裕で勝っていても気がついたら後ろから塗られていたなんてこともあるゲーム。

その状況を都度伝えようとするにはかなり頭を使います。


後、嵌められたりしてイライラした時にどう実況するかも瞬時の判断が必要なので頭をかなり使います。

また、チームに参加している人はコンピューター(自動操作)ではなく全員がちゃんとした人間です。
サポートに回ったり、メインで攻めに行ったりを全員が自分の意思でやってるので自分はこの時こうしようっていう考え方ができるようになってきます。

 

 


面接で必要なことって
いかに自分がこういう人ですっていうのを伝えるかなんじゃないかなと考えています。
そこがまた難しいのですが、ゲーム実況をすることで
自分なりの伝え方を見つけるヒントになるんじゃないかって考えました。

 

 


ここで、問題点

 


そんなこと言ってもやり方わかんないし、、
お金かかるんでしょ?
っていう意見


YouTubeにアップする目的でなく、面接訓練だけでもいいなら、ゲームをしながら喋る訓練をするだけでも充分だと思います。

 


例えば
携帯ゲームのアプリも喋りながらやる事で同じようなことはできると思います。

ただ、やられたではなく今こういう感じでここをこうしてみようと思います。
できましたー。とかでもきっと効果は見えてくると思います。

 

 


大切なことは
今どんな感じでどうしたら伝えられるかを探すことだと思います。

 

 


また、実際に実況してみたいという方に向けて

実況を始めたい人へのフルセットが発売されていますね。

f:id:takashikotonoha:20180722043858j:image

Avermediaさんの

合計3万円程で実況環境整うんですね(ゲーム機本体とかは別でかかるけど)

パソコンとテレビの画面に接続することで動画を作れます。
メモリーカードがあれば小さい機械とゲームを繋ぐだけでもデータを保存することができます。(パソコンのスペック次第でこの形式になるかも)

 

付属しているマイクに関しても、結構感度がよくて音を乗せやすいので気に入っています。

 

 


私はこれを機にゲーム動画を色々あげていくので、その都度ぜひ見ていってください。


チャンネル登録もぜひ、よろしくお願いします。

 

質問等あればぜひコメントくださいな。


ではでは