Takashi(Chol)によるブログ

これからを生きるために生きるプロデュースを考えるブログ

iPadとiPhoneを使い分けたい

こんにちは

 

 

 

丸々1ヶ月開いてしまいましたがようやく落ち着いて来たのでブログを再開します。

最近ですがMac収集が進んでおりまして

 

先月までMac製品はiPhoneiPadの2つを持っていましたが

今月に入り、Mac ProMacBook Proが同時に仲間になりました。

 

これでMac製品のコンピューターを基本的に持ったことになりました。

ちなみに新しく入手した2つは壊れていたものを直しただけなのでゆったり使えたらいいなと考えています。

 

 

さて、ここで起こる問題があって

 

果たしてこのMac製品達をどう使い分けよう

 

 

という問題です。

当たり前ですが以前から所有しているiPhoneiPadの役割だけでもほとんど被ってるんですよ。

アプリの使える内容も同じなので

買う前にiPadiPhoneの役割がはっきりしている状態で買わないとオブジェになりかねません。

 

 

ひとまず今回は

iPhoneiPadを簡単に使い分けようという話題で進めていきます。

 

 

私はiPhoneの役割として

完全に通信用のデバイスとして扱っています。

LINEとかSkypeとか緊急でネットの情報を得るために使っています。

 

以前、iPhoneがあれば何でも出来そうだなと思ったので作曲アプリやらWord、PowerPoint等のアプリを入れてみたのですが

 

 

当たり前ですが画面の大きさの関係でミスタッチが非常に多くなるんです。

特によくバンドマンが使用している、ガレージバンドというアプリでは特にドラムの打ち込みを軽くやるだけでも打ち直すことが多くて断念。

 

時間をかけてiPhoneのアプリで作業をするにはそれなりに根気が要りますね。

 

 

その代わり

iPadを入手したことで、細かい作業がしやすくなりました。

画面が大きくなったことによりミスタッチが少なくなり

画面が見やすいので修正もすぐに出来るのが本当に助かります。

 

 

 

iPadでのメイン作業は

ブログの執筆

予定表の確認

カメラ機能の使用。

ムービーや電子書籍を読む

資料の作成

 

といった感じです。

AdobeのアプリもほぼiPadに突っ込んでいるので写真の加工に関してもこれからiPadでしていく予定です。

 

 

以前、外付けキーボードの写真をアップしたのですが

 

本当に使いやすい。

値段は3000円程なのに

感覚がパソコンのキーボードとそこまで変わらない

おまけにiPadの予測変換がかなり優秀で変換スピードもかなり上がったので

短時間で長文を書くことも可能になりました。

 

iPadなので携帯性も高く、ちょっとした時間でも作業がしやすいんですよね。

 

 

余談ですがネパール人の友人がこの作業の様子を見て

このやり方を真似しようと言っていたので彼もきっと引きこもるはずです。

 

移動中は電子書籍を読むことでなかなか自分から読むことのない作品を読む事が出来るので大変重宝しています。

 

いかがでしたか

iPadiPhoneをこれなら誰でも出来ると思うので家でiPadが眠っている方はこれだけでもかなりiPadの持ち出す回数が増えますよ。

 

 

ではでは