Takashi(Chol)によるブログ

これからを生きるために生きるプロデュースを考えるブログ

就職先を辞めた時にあったこと

こんにちは

 

 

 

今日もお仕事ご苦労様です。

前回の記事で就職していた頃のことをほんの少し書きました。

 

今日はせっかくなので仕事を辞めたらこうなった

 

 

というのを書いてみようかなと思ってます。

 

 

 

もちろん、良いことも悪いことも両方共あるわけでこれから辞める人は準備する材料としてどうぞ(オススメはしないけど)

 

 

まずやはり

空がいつもよりも綺麗に見える。

 

 

 

晴れてるとかのレベルじゃなくて本当に澄んで見えます。

おそらく解放感というのが同時にくるのが原因だと思います。

辞めた翌日に渋谷でそう感じたので間違いありません。

 

 

退職直後はお金がある。

ひと月前の給料が入るので生活には困りません。使いすぎ注意ですが。

そこに時間がプラスされるので、希望に満ち溢れます。

 

 

 

生きる上での幸福要素としてはデカいです。

はい。

 

 

しかし、逆に

 

 

時間がある分、1日1日が適当になりがち。

この時間に起きなきゃ。が無くなるのでまず昼前に起きなくなります。

そうなると1日の終わりに何もしてないということが多々あります。

 

 

お金は割となんとかなる(油断しなければ)

 

実際、辞めた時に時間外手当が結構あったのでその月の月収が通常よりもかなりの数字で増えました。

 

 

しかし、仕事をしなくなる分使うお金がサラリーマン時代と同じだとひと月で窮します。

私は窮しました。

 

 

親と揉める。

 

大丈夫です。

転職活動していようがいまいが揉めます。

 

 

転職活動している方が若干和らぐくらい。

 

 

ちなみに転職活動してると言ってから1年経つと親の攻撃力が増してきます。

 

 

ちゃんと転職活動しながら仕事もしているアピールはしましょう。

 

 

こちらが疲れていれば文句は言いにくいものです。

 

 

年金、奨学金で詰む。

 

 

分かりやすいですね、詰みます。

特に奨学金は年に2回くらいは払う金額がアホみたいに上がるのでだいたい死にます。

ボーナスが無い会社の社員とかどうしてるんやろ?

 

 

 

 

ざっと書きました。

大変なことが多くあるので、これなら辞めない方がいいやと思うのもありです。

 

 

 

私は実際に辞めてから

転職活動はほぼしてません。

やりたいことが無いとか、音楽と共に死ぬとかそんな思考があるからではないけども。

(勝手に音楽と共に死にそうだけど)

 

 

辞めてから起こったことを書いていくと。

 

 

プロデューサーになった。

肩書きの話だけど、社会人として生活していたら絶対にもらえなかったような肩書きを得た。その肩書きを使っていくつか仕事もするようになった。

 

 

 

絶対に会えなかったであろう人に会えるようになった。

社会人だと会社の人と交流し、遠くても部署が違う人との交流になるんだけども。

会社の枠組みが無くなったり大きくなったりするので、そのまま生きていたら会えなかったであろうアーティスト、女優、監督等色んな職種の人と知り合えた。

 

 

地方に行けるようになった。

私、社会人辞めるまでずっと神奈川、東京の間しか移動したことがなかった人なので見る世界が広がった。

地方のライブが見たいから、このツアーのこの日は行けるとか、全部自由に予定を作って名古屋、長野、兵庫といった地方に一年で複数行くことができた。

大学生の頃に行けばよかったのでは?

という方は塾講師のアルバイトの月収をご存知無い。

 

 

まとめると

どうとでもなれるよっていうところ。

 

 

安定した◯◯といったところで

本当に安定したものって信用以外ないんじゃないかな。

 

 

 

そんなことをつらつら思うわけでした。

 

 

 

ではでは。