Takashi(Chol)によるブログ

これからを生きるために生きるプロデュースを考えるブログ

消費コンテンツの方向性を拡げたい

こんにちは

 

電車に30分乗っていれば1つの記事が書けてしまうことに気づいたので今日もこうして更新します。


さて、今回は少しバンドの運営のお話をします。

いよいよ私のプロデュースしているバンド、長愚痴を吐いた猫もCDを作るという場面になりました。

 

 

そこでふと考えたことが

CDを作っても今の時代って

通常一回パソコンに入れたら役目を終えてしまうので

 

苦労して制作してもいつまでも手元にいてほしいという願いを込めて

ただCDを作って発売イベントを行うといった内容で終わらせたくないと考えました。

 

 

そこで、ヒントにさせていただいたのが

革命のファンファーレや魔法のコンパスでリアルなお金の話をしている

 

 

キングコング西野さん

 


先日、キングコング西野さんのブログを読んで
今はもうハードが大量に出回っている時代にハードを作って場になることは簡単な事ではないという内容を読み

 

非常に共感したわけであります。

 

では、この時代において
狭き門である音楽をよりお届けするにはどうしたらいいだろうと思ったので真剣に考えてみました。

 

その結果、気づいてしまったことがありました。

 

音楽というのは基本的に聞くだけで消費されるコンテンツとして普及しているということ。


誰かが曲を作って
誰かがその曲を買って
誰かが幸福を得る


当たり前の流れなのですが、ここに疑問を抱きました。

 

この流れ以外のルートを開拓することはできないのだろうか?


その結果、消費のスタイルを変えてしまえばいいのでは?
ということに気がついたので
また無茶振りにはなるのですが
長愚痴を吐いた猫のCDを正式に発売する際に
仕掛けを作ろうとしています。


制作の際になんて言われるか不明ですが
皆さんに届く頃には
そう来たかと
いう言葉が口から出てしまうような
作品を出そうと考えています。


楽しみにしててください。

 


ではでは

楽器フェアから感じた新時代

こんにちは


先日楽器フェアの初日にお邪魔しました。

 


ビッグサイトって到着するまでの道のりにワクワクが詰まったような感覚がありませんか?
楽しみにしているイベントにすぐにはたどり着けないような仕掛けなのでしょうか?

 

私はドラムを演奏するのでどうしてもドラムコーナーばかりに目が行きます

f:id:takashikotonoha:20181021080454j:image
ドラムの魅力ってその楽器自体に非日常が詰め込まれているような感覚を得られるからなんですよね。
基本的に家庭で所持している人がいないということもありまして。


楽器フェアということなので
試奏はし放題
ドラムを時間内貸切で触ることができるという部屋までありました。


貸切の部屋まで今回は至らなかったのですが、それでも全メーカーでブースに個性がありアコースティックドラム(所謂生ドラム)の販売に力を入れておりました。

f:id:takashikotonoha:20181021080527j:image
やはりお話を伺う限りエレドラが最近では売れているとのこと。


家でドラムを触ることができるという夢を叶えた物でボタン1つで音の種類まで変えたりできるのでやはり買う人は多いのでしょう。

 

私はエレドラを買う余裕がなかったのでYAMAHAの練習パッドを複数買ってドラムセットに見立てたものに今は落ち着いています。


見た目もそれとなく似てる気がする。

 

リバウンドが同じでは嫌だという方は
リバウンドが全て違うパッドを出しているメーカーもあるのでそちらを利用するのもありだと思います。


さて、楽器フェアについて
今回実際に行って思ったのが
エレドラのコーナーが非常に増えたように感じました。


パールドラムもエレドラを発表し、ATVという電子楽器のメーカー、YAMAHARolandもかなり大きなブースを出展していてどこも活気ついていたように思います。


エレドラの普及が今後の時代の流れなのかもしれません。
そのうち、ライブハウスもエレドラになるのか

 

 

なんてことも思いました。

 

大物ミュージシャンもライブに電子ドラムを一部導入したり、もう完全に電子ドラムにしてしまっている方もおります。

 

タワーレコードのインストアライブとかでも使われていることもありますね。

 

時代の流れというのは止められない物なので今後どうなっていくのか楽しみですね

 

 

 

 

最後に撮影した写真たちを掲載していきます。

 

 

f:id:takashikotonoha:20181021080638j:image

f:id:takashikotonoha:20181021080655j:image

f:id:takashikotonoha:20181021080715j:image

f:id:takashikotonoha:20181021080729j:image

f:id:takashikotonoha:20181021080754j:image

 

 

副業系のマネージメントキャス始めました

こんにちは


最近キャス放送を定期的に始めることにしました。

 

 

コラボ大歓迎。

 

なお、マネージメントや為になった本について
ゲーム実況の話はほぼほぼ出てこない予定です。


仕事をうまくやるにはどうしたらいいだろう。
音楽や演技を仕事にしたい、好きなことを仕事にしたい等現代におけるマネージメント話を毎週
月曜日と土曜日に行います。
臨時放送をする際にはその日の17時までにツイッターで告知を致します。

 

放送の流れとして
①導入
②マネージメント
③質問コーナー


という流れで
現場のプロデュースをしている者の目線でお話させていただきます。
(タブーだったりで話せない内容も当然あるのでそこはご了承)

 


第1回目は
差別化の導入の話

 

他のアーティストや他の人と異なる見られ方をしたい。そんな人に向けた内容となっておりました。

そのために必要な商材作りのやり方を具体的に話しました。

 

 

第2回目は
現代社会において変化したプロモーション形態と感性を閉じない方法

 

第1回目の内容を受けて、他のものを見て学ぶ意味についてのトークを中心に行いました。

 

 

 

についての放送をさせていただきました。
今後定期的に更新いたします。
ぜひ、遊びに来てください。

 

 

 

 

 

この日は楽器フェアに向かっておりました。

これまで何年も行こうとしても機会が合わずに参加することが叶わなかったので様々な楽器メーカーさんの話を伺ったり新しい情報を取り入れてきます。

 

 

楽器フェアは本日から3日開催されるそうなのでぜひ。

 

 

レポートについても書いていく予定です、よろしくお願いします。

 

アンチャーテッドの実況を始めました。

こんにちは

以前までスパイダーマンの実況をしておりました、チョルと申します。

 

前回スパイダーマンも無事クリアし落ち着いたばかりですが

 

今回から新しく

f:id:takashikotonoha:20181015000521p:image
アンチャーテッドの実況を始めていくことにしました。
既に認知度もだいぶ高い名作です。


そんな名作を喋り倒す実況スタイルでやっていこうと思ってます。

 


今回から見ていただく方のために
簡単に説明するとインディージョーンズをゲームにした感覚で見ていただければ安心できると思います。


宝を探して世界中を飛び回るトレジャーハンターの話

第1部は少しプレイした限り黄金の像を探し出す物語のようです。

道中でむしろ、それくらいの価値に匹敵するのではないかという宝物は拾うことができるのですが。

 


主人公の通る道は基本的に道ではなく断崖絶壁だったり、もはや掴めるのか不明な出っ張りを腕力のみで進むという

 

ゲームだから許される仕様になっています。

 


ゲームの中ではマニアックな遺跡にしか行かない彼らも最初の頃は観光地とかわざわざ巡ったりしたのでは、、
等気になることもあります。

 

主人公はネイトというあご髭短めな人

f:id:takashikotonoha:20181015000535p:image


売りは不幸とのことです。
売りを重視しているのか、ゲームの制作会社はネイトに死ぬギリギリ(ほぼアウト)の仕掛けをたくさん仕組んでいます。

 

このゲーム、元々はPS3で発売されたゲームなのですがPS4で3部作まとめたソフトが発売されたので


3部作一度にできるなら視聴者を置き去りにしていくこともないだろうという考えでやってみることにしました。

 

最近流行りのオープンワールドではなく、広く見える道も一本道。

f:id:takashikotonoha:20181015000557p:image
攻略方法もある程度決まっているので謎解き難しくてやりたくないというライトなプレイがしたい方は実況を見て答え合わせをしながら進めていくことも可能です。

 


また、初見でじっくり考えてプレイしたけどどうしてもそこが分からないという方にも私の実況で答えを見るスタンスでプレイしていただくことも可能。
また、流れだけ知りたいという
めちゃくちゃライトな層の需要にも応えます。

 

というわけで新しく今日からアンチャーテッド3部作


終わるまでに何年かかるのか恐怖ですが最後までクリアします。
ぜひ視聴とチャンネル登録をお願いします。

 

動画第1作目はこちら。

https://youtu.be/WO6anl97UIY

スパイダーマンPS4実況を終えて

こんにちは

 


ようやく初めて1つのゲーム実況を始めてから完走させていただきました。

 

スパイダーマン、無事にエンディングを迎えることができたので
このゲームを買うか迷っている方にも実況を見てから考えたい方にも
実際にクリアしての感想を伝えたいのです。

まず内容知らなくても全然大丈夫。
ゲーム中でも言っている通り、スパイダーマンは町田のauショップで客引きをしてるのを見たのが初めてでそれ以外は全く見たことがありませんでした。


要するに全員誰?という地点から始まっております。
ユニバーサルスタジオも1度も足を運んだことがありません。


しかし、最初の映像美

 

 

f:id:takashikotonoha:20181014022933p:image
すごい。

 


ムービーを切り取るだけでサムネイルにもしやすいくらい様になってます。
肌とか表情描写も巧み。


進め方は自由

 

 

敵に全く見つからないように進むも派手に正面切って喧嘩しにいくも自由に進めます。

 

スタイルに合わせて今回は、、、
という進め方が可能なのは魅力的


必殺技演出が美しい


スパイダーマンにも一撃で相手を倒す技があります。
ここを切り取っても様になります。
私はこんな使い方をしています。

 

f:id:takashikotonoha:20181014023054p:image
もちろん気になるところも

 

敵強くない?
メインとなる敵はデーモンになるのですが、武器持ちが対処しにくい。
全員弱くてスパイダーマンが無敵過ぎるのもさすがにゲームとして歯ごたえ足りないのでこれくらいかな?とも思いますが


勝ちにくい場合はとにかく回復をしまくることでなんとか生き延びましょう。


拠点が少し作業感


敵を捕まえるというミッションでニューヨーク各地に散らばっているので当然か。

 

地味にサイドミッションが理解しにくい。

 

ガス集めるミッションは何気に迷いました。
触るだけでよかったのですね。

 

 

まとめ

f:id:takashikotonoha:20181014023129p:image


ストーリーに関しては整合性取れてない部分はなく、スッキリしていて分かりやすい内容でした。

特に全く情報がなくても最後まで置いていかれずについていくことができました。
もちろん、コスチュームギャングに関しての情報もありませんでした。(こんなのがいたんだな、、くらいの感覚)


せっかくなので最後に私が実況したものを全編見ることができる再生リストをここに残しておきます。


https://www.youtube.com/playlist?list=PLlwpOlU9rqOS7O7UVmYJh2C68ljuWlo_f


これから様々なゲーム実況もしていくので、チャンネル登録もぜひお願いします。

8/19 秩父秘境フェスライブレポート【長愚痴を吐いた猫】

ライブレポート

2018年

埼玉県秩父市小鹿町のみどり村にて
秩父秘境フェスというイベントが開催された。
日本のフェスと言えば「サマソニ」や「フジロック」といったイベントが最も有名であろう。

近年ではライブハウスがサーキット形式でフェスイベントを行う機会も増えてきた。

そんな中
みどり村という埼玉県の隠れたスポットで野外フェスが2018年決行されることとなった。
このフェスは埼玉新聞でも取り上げられ、個性豊かなアーティストが出演するイベントとして注目を集めた。
弾き語りからユニットや個性豊かなアーティストが出演。
この日、メタルバンドは2組。
それが
長愚痴を吐いた猫とRASTAINというバンド。

今回は長愚痴を吐いた猫のライブレポート。


まずバンドの紹介をしよう。

長愚痴を吐いた猫
女性2人男性1人という非常に稀な編成。
活動を本格的に始めたのは2018年からで、いきなり野外フェスに出演を決めたバンド。


バンドコンセプトは
「自分らしい純粋さ」「根暗な人が生きやすい世の中を作る」という斬新なもの。


そう、ネガティブな面を前面に出している変わったメタルバンドである。
個々が音楽ルーツを別に持ち、それぞれが独特なプレースタイルを持っているため一見するとポップにも聴こえる不思議なバンド。

 

 

f:id:takashikotonoha:20180826101151j:image
8/19
フェスの後半戦にステージに現れた長愚痴を吐いた猫。
出音の調整を行い、ステージに勢揃い。


ドラムのTakashi Cの一打からライブ会場にどこか不穏なSEが流れ始める。

SEの音が増えるにつれて、メンバーであるMao そして、今回ギターを弾く nishikageが現れる。
ボーカル:Misakoが現れ
開始宣言を告げる。

始まった曲は
You should be suspicious.
一曲目から、みどりの村にメタルサウンドを響かせる。
ボーカル、Misakoの尖った歌詞も健在。

MCでは
「今回、縁があって秩父でライブすることがこうしてできてます。
私は小さい頃から明るく振る舞うことができなくて、そのまま大人になりました。
確かになんにもできないかもしれないと思ってたけど、こうしてバンドをやることができています。」

「何かをやることって難しいことじゃない、
私は根の暗い人が生きやすい世界を作る。
そのために音楽で受け取ってほしい。
よろしくお願いします。」

と、締め
2曲目「not in my rule」
3曲目「strange fate
を立て続けに演奏。

 

f:id:takashikotonoha:20180826101518j:image


終幕のSEが流れ
最後に
その日メンバーが手渡しで配っていたCDに収録されている
「Only my opinion」
秩父の地に響かせてステージを後にした。


セットリスト

1.You should be suspicious
2.not in my rule
3.strange fate
4.Only my opinion

 

 

f:id:takashikotonoha:20180826101015j:image

アーティストになりたいなら夜は寝なさい

こんにちは

 

今回はタイトルが少しきつめ。

 

さて、じゃあなぜ
アーティストになりたい人が深夜働くべきでないのかを書いていきます。


アーティストは夢を与える仕事なので表向きは華やかでカッコいい世界です。
しかし、そのカッコいい世界を作るためには練習を必死でやっていたという背景が当然ついてきます。

 

音楽でも絵画でもそうですが、自分の生き様を表現することになるので作品にはそれぞれの人間性、心理状態、環境など
あらゆる要素が関わってきます。

 

 

私も一時期考えていたことですが

深夜の労働って非常にパフォーマンスが良く見えるんですよね。


大抵の人は寝ている時間であり、そこまで忙しくない。


深夜なので時給が多くもらえる。


割と好きなことをしていても最低限の仕事をすれば問題が無い。

 

そうしたら、確かに深夜労働って魅力的なのですがアーティストにとってはこれは大きなデメリットを生みます。

 

 


デメリット

結局上手く時間を使うことは困難。


当たり前ですが深夜からスタートなので終わるのは翌朝です。
まだ朝の5時とかに終わるのであれば昼くらいに起きて活動することも可能です。
しかし、実際朝5時まで働くのであれば金銭的なことも考えると昼間の仕事とそれほど変化がないのです。
むしろ、体の負荷が大きいので翌日に大きく影響します。


遊びに行ってから仕事とかプランを組みやすいかもしれませんが肉体はそうついてはいけません。

 

 

朝は新しい内容を習得するには最適だそうです。
集中力の関係で朝に学んだことが1日の中で1番効果が大きいようです。
集中力に関する内容は
メンタリストのDaiGo氏の「超集中力」

f:id:takashikotonoha:20180724205615j:image


カル・ニューポート氏の「Deep Work」

f:id:takashikotonoha:20180724205622j:image


を参照していただくのが1番だと考えてます。


アーティストは日々練習をして常に自分のテクニックを磨き続ける存在であると私は思うので、やはり効率良く様々な技術を習得したいんですよね。


そうすると、夜働いて朝寝るサイクルにしてしまうと習得効率が下がります。


おまけに昼間に予定を入れてしまった場合は寝ることができません。
人の体は寝なくて済むようにできていないので、どこかで歪みを生むことになります。
そこで生活サイクルを崩して練習への気が回らなくなることもあります。

 

なるべく、生活サイクルは固定にしてアーティストとして努力をしていくために私は昼間に仕事をすることをオススメします。

心と体の平穏が1番いい演奏を生むと考えてます。
朝は何事をするにも活力が1番ある時なので


夜はちゃんと寝ましょう。

 

ではでは